Harutokochan

2018年小学校受験に向けて、家族全員の結束力の記録

取り組み 113days と大手幼児教室体験

今日の起床は朝4時半、主人が一緒に起きて準備をしてくれた

昨晩私は受験をすべきなのか向いているのか息子が考えて

深夜まで読書をしたり調べ物をしたりして4時半は無理でしたが

以前、「起きる気ないじゃん」と主人に言われてから

母親たるもの子供よりおそようでどうするんだ

このままではダメだと思い5時には起床

 

昨晩ご飯を食べなかったので空腹な息子

ミートソースパスタ(作り置きのソース)と

ハンバーグ(冷凍で作り置き)

いちご、りんご、をゆっくり食べました。

途中、テレビが直ったのでカーズを見ながら。

 

朝起きるのが早いと朝の取り組みをする時間も

なんだか見えてきた。

 

まずは今月の目標は

●21時までには就寝

●6時代に息子、5時代に私、というリズムを作りたい。

 

さて今日は、幼児園のプールの授業もあったのですが

午後に控えている初めての大手幼児教室の体験であったので

プールもお弁当タイムも早退して行ってきました。

大手幼児教室は年長になると模擬試験の予約が情報量がやはり違うと

難関を突破したお母様がおしゃっていたので早速、志望校に近い教室まで

車を片道50分かけて行ってきました。

 

勉強クラス

体操クラス(体操がメインでどこまでできるか試したかったのと

大手幼児教室に席を置きたかった)

各クラス同じ先生で男性、各クラス60分

 

正直、ペーパーの解く時間が圧倒的に早い。

できている子がほとんど。

この競争に息子は追いつけるのだろうか。

私が計画的に彼と共に伴奏できるのだろうか?

受験をしたほうがいいのだろうか。。。?など授業中なんども

心が折れそうになった。

 

だが授業の最初に自己紹介(=面接対策の一環)

お名前、幼稚園の名前、3つ出来ている言葉を一人ずつフープの中に立って

発表

 

息子の番、出来ないかなと思いきや、立派な声な大きな声で、

「●●●●です、3歳です、●●●幼児園です。」それを聞いて涙ツーって落ちた。

最近の私の中での声がけは挨拶はちゃんとしよう

かっこよく見せるためには挨拶と声の大きいのがいいよと最近読んだ本で書いてあった通りに伝えて見た。

それが出来た、、、息子。。。

 

「クジラです、」

先生から「他には?」

「サメです」

「二文字だね、お名前は違う??」

とかとか一個でも言えたことが本当に私の中では感動した。

ちょっとずつ亀スピードだけど成長して行ってくれているのが嬉しかった。

 

・言葉の数

・置き換え

・同図形

 

難易度高い、けど負けず嫌いなのか鉛筆おいてくださいと言われても

探し抜いて早くしたほうがいいということが少しわかってきている気がした。

スピードを測るのは教師の進め方の一定レベルを保てるし

子供にもスピードを求めさせられる。

亀の息子は、4問中、2問出来たらいいほう。なんせ早いし難しい。

 

二限目、体操クラス

体操着の下を借りる、息子ボールが出てきてテンション上がる

赤がいいとか言ってるけど青を渡されて前の子に連なって

「ありがとうございます」と言えた連鎖反応

 

全体的に初めてにしては上出来、

ギャロップ、熊歩き、足抜き回り、尻上がり、二巡目でできるようになった。

今の園に通っていたからこそ、出来たこと。

朝グランドで走らせてくれてありがとう。

 

 

体操クラスはほっぺたを赤くするぐらい楽しそうで、

今の園のクラブやスクールよりも楽しそう。

先生の教え方は指示行動などで特に目立った教え方はなかったが

初めて楽しそうと感じた体験でした。

 

ということで17時半過ぎに終わり

車で50分、家に着いたのは19時半

 

息子車でも寝ていて、家でも寝てしまって

お風呂にネモ毛まなこで一緒に手伝いって入って、

8時半に就寝

 

さて、明日は朝何時に起きるかな

 

ということで家庭学習なし。

なしの日が続くと焦ります。。。。