Harutokochan

2018年小学校受験に向けて、家族全員の結束力の記録

勉強は「分かる」ことよりも、「楽しい」を意識すること 母勉の小室さんのメルマガ

楽しみにしている母勉のメルマガ、

今の私の心にグサ、、

 

ペーパーしている時、「これ覚えおよう!覚えよう!」

「うん」

素直な息子。

けどただの分かるってことで楽しいって全然思ってないと思う。

いかメルマガの転記

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

勉強は「分かる」ことよりも、「楽しい」を意識した方がいい。

 

そうすると、子供の反応が明らかに違うから。

 

「勉強に楽しいを意識するって、どういうこと?」

 

分からなくなったら、他の感情が加わるように、

「五感」を使うことを考えてみましょう

それは、手を動かしカルタを取ったり、

味をみながら日本地図クッキーを作って食べたり、
社会の旅に出かけ、本物を見るために足を動かしたり

することです。

「分かる」ことは、後からいくらでも後付け出来ます。

だけど「楽しい」ことは、小学生の今しか出来ないことがとても多い。

まとめます。

 

勉強に特化させたいなら、「分かる」ことより「楽しい」ことに
重きを置く。

 

そして、「楽しい」と思わせることは、他の五感も使うこと。

さあ、頭ではなく、心で学べるように行動を起こしてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー