Harutokochan

2018年小学校受験に向けて、家族全員の結束力の記録

小学校受験が終わった今。

すでに数ヶ月経っているが、

小学校受験が終わった。

第一志望にはご縁なく

第二志望は二桁目の補欠、縁故が強い?と言われている学校ですが、

連絡来るはずもなく、もしでビリから2番目だったのに大奮闘しました。

 

第三志望はご縁があり、受ければ受かる程度と聞いていて子どもの学力ではなく、

親が同じ教育方針で未来の受験に対して共感しているかどうか、が重要でこれが

合格の秘訣なのだろうきっと。

 

国立は、茗荷谷三校は一次のくじで敗退。

他の国立は、最後のくじで、息子に引かせたけど落ちた。

 

 

この敗北感に立ち直れてない2月今。

何か間違っていたのか、何が足りなかったのか、見えてきているけど

軌道修正にかける時期でもある。

入学式になれば、何か変わるのかな。

 

まずは家庭学習はみっちり行うべく、色々試行錯誤しています。

 

 

小学校受験とは親の忍耐と我慢だというけれど、、、

今日も考えさせられました。

息子が発問すらも聞き取れないことに対して、私の怒りが抑えきれず。

怒涛のように負の負パイラるが流れ出し、言ってはいけないこと、

言っても何も利益にならない事

未来にも繋がらないことが溢れ出しました。

 

お金の事も、将来のことも、目指すべきことも、

全てにおいて不安要素が多くてここ数ヶ月地に足ついている感じがしません。

目指しても通えるのか、通わせれるのか、

けど知育は止めたくなく親族の中でも一番知育が遅れていて

くもんすらも、多分姪っ子たちの方が優秀だろう、きっと。

もう辞めてしまったけれども、今も続けていたらそうだっただろう。

 

男のだから遅くていい訳でもなくできる子はできる。

 

第3回目の模試の結果が帰ってきた、39点(前回50点、49点全て100点満点)

偏差値未測定。

 

基礎だけでも取れてればと願ったが、回答用紙にすら印もつけていない。

答案用紙の最初に、

・キョロキョロせずにちゃんと座りましょう

・初めという合図で始めましょう

・やめという合図で辞めましょう

 

最低限のルールすらも守れなくなっている、第3回目。

本番まであと数ヶ月。

 

このままでいいのだろうか。

相対評価の中で生活していると、凹まざる得ない。

 

私の母親力が圧倒的に足りないのと私もバカな親なのだきっと。

子育て、教育ってこんなに辛いものなのかな。

 

 

はぁ疲れたけど投げ出せない

クラスのランクダウンを宣告された今日

 

感情が疲れたと言うか、

今朝も怒鳴り散らし、

態度が悪いは、背筋伸びないわ

やる気がないわで姿勢の部分が大方。

 

 

足閉じれない背筋伸ばせない

同年代の子ができているのになぜ出来ないのか

 

もはや早生まれの域ではない。

 

はぁ疲れた、あと10ヶ月続くのかな。

 

ママ友からの言葉で忘れたくないこと

 

 二学期始まって幼稚園生活

先生から

運動会の練習で、歌わない、

行動が指示が通らない、折り紙折らない。

 

と彼に中で何かボイコット

 

夏休みはオンとオフで遊んだはずなのに、、

だ。

 

それを相談すると、

信頼しているママ友から

 

それは、「It's childlike and is brave.」だよ

 

彼女らしい、言葉で忘れたくない。

 

 

「勇敢で、子どもらしい。」

 

 

無気力事件は、まだ不安ですが

覚えておきたい言葉。

 

 

意地悪な言葉

思うようにいかないのが

子育てということはわかっている。

にしても、、、

全てが遅い、のろま。

 

そしてぼけっとしてる。

 

私学どころか公立も危ういんじゃないかな。

 

早生まれだからかという理由ではなく、

性格が遅い。

 

意地悪な言葉をかけたくないとは思うけど

感情の鬱憤を晴らせるところもなければ、

晴らしても彼への怒りは変わらない。

 

 

なぜ今そのようなことをするのか?

他の子が楽しそうにしているのになぜ空を見上げているのか?

意味不明。

 

 

怒りすぐぎて打ち所が悪くて、ドアののぶに

あたりあおじ。

 

痛いのが思い出す怒りを💢

 

はぁ怒りのコントロール💢できるまでにはほど

遠い